大学野球、居酒屋の店長を経験して建築業界へ。経験ゼロは、入社後の経験で埋められる。

工事ディレクター 田名網さん
<プロフィール>
2019年3月入社。大学時代まで野球を経験し、卒業後は不動産会社に入社。その後は飲食店の居酒屋チェーン店で店長として働く。その後、リフォーム会社で建築に携わる。

━ビルダリッジに入社した経緯を教えてください。

スポーツ経験者向けの転職サイトを見ていて、そこでビルダリッジのことを知りました。前職のリフォーム会社で建築に携わり、建築って面白いなと思い興味を持ったんです。 
ビルダリッジは1から建築について学べる環境があることが魅力的でした。あとは、面接の時から感じていたんですが会社のコミュニティが居心地が良くて。ここで働いたら楽しそうだなと率直に思ったのがきっかけです。
以前の会社だと聞きたい時に質問できなかったりして悩んでいたりしたけど、この会社は聞くといくつかのヒントを教えてもらえます。

━具体的な仕事内容は? 

主に業者とのやりとりとか、上司である工事部長の目となって、現場で今起きている状況の確認、問題の把握と報告。自分が現場を任された時には、仕上げの段階で器具の取り付けをしたこともあります。引き渡しに向けて最後1ヶ月の追い込みの時期には、間に合っていないことを自分で整理しながら業者さんに協力を仰ぎ、完成へと向かっていく。そういうことをメインでやらせてもらっています。その中で、コミュニケーションも学んでいますね。 
未経験だったので分からないことも多いです。最初の頃は分からないことが分からない状況だったんです。何を質問していいかわからず、上司や現場の職人さんにとにかく聞きまくりました。同じこと何回も質問しましたね。


━実際に働いてみて楽しいですか? 

楽しいです。入社してから今日まで、現場のことや職人さんとの人間関係を0から作る方法とかを少しずつ学んできました。自分で考えることも多くなったので、激動ですね。毎日変化がある環境の中で、時間がすぎるのも早いしやりがいもある。ふと電車に乗っている時やお風呂に入っている時に、この仕事楽しいなって思います。時間の流れが早いというのは充実しているということですね。 

━入社して自分の成長を感じますか? 

入社当初に比べると感じます。経験してみて、見えたものとか色々発見がありました。経験って本当に大事だなと思いましたね。 
自分で振り返りをする時には、できなかったこととできたことを分けて、前回大変だったりミスしたことを次に活かすんです。次に振り返った時に、今回できなかったことができたことに入るように。そうしないと成長できなくなってしまうので。

━会社内でのコミュニケーションについてはどう思いますか? 

コミュニティが居心地良いという第一印象の通り、仕事やプライベートな話、アホみたいな話もできます(笑)。事務所に全員がいる時間は少ないけど、事務所に戻ってくると飲みに行った話とか、日常生活の話とかをしていて楽しいです。 
前の会社だと、聞いて答えてシーン……ってなる時もあったんですよ。でもここでは会話が切れないから面白い。僕の中では、こういう雰囲気の中で仕事したほうがメリハリができていいのかなと思いました。

━現在は少年野球の指導もやってるとのことですが、仕事とプライベートとの両立はできていますか? 

両立は今のところできています。仕事の日は仕事、休みの日は野球ですね。土曜日に工事がある時は、仕事行ってから野球に行くとか。日曜日は休みなので野球に行ってます。休日は休日でしっかり取れていますよ。今日も終わったらジムに行きます。 
会社の特徴でもあるんですが、いわゆるフレックス制が導入されているので、時間の使い方が自分次第なんです。自分で環境を作っていけるのも魅力の1つかな。

━上司である工事部長の石井さんから教えてもらったことで印象に残ったことは? 

職人さんとのやり取りの中で、良い意味ではっきり物事を言うのが大事だなと学びました。飲食関係で働いていた影響もあって、お客様が絶対という感覚があったので、自分の意見を言えずに働いてきたんです。 
この会社に入り、職人さんとやり取りをしていく中で、ここまで強く言えるんだ、こういう言い方があるんだと、今まで自分が経験しなかったことが見えてきました。コミュニケーションの1つとして勉強になりました。

━今後の目標を教えてください。 

仕事に関してはまだまだ見習いで、半人前にもなれていません。ゆくゆくは1人で複数の現場を経験したいと思っています。全体の現場はまだ未経験なので、早く全体を経験させてもらい、そこから複数の現場を持てるようになりたいですね。