正解を求めるよりも、変化し続ける大切さに気付いた。全員が対等に意見を言い合える、家族みたいな会社

施工部アシスタント 小山内さん
<プロフィール>
住宅設備のメーカー勤務を経て、マンションの内装工事に関する仕事に就き、ビルダリッジへ転職。内装工事を担当した経験も。ビルダリッジでは工事部長を中心に、現場のサポートをする仕事を担当。

━ビルダリッジに入ろうと思った決め手は?

前職ではマンションの内装をやっていたのですが、もっとデザイン性の高い建築物を扱っている会社で働きたいなと思っていました。それと、チームで働く会社に行ってみたいとも思っていたのでビルダリッジに魅力を感じたんです。前職はチーム戦ではなく、自分の仕事を1人で完結させることが多くて。ビルダリッジでは現場の課題をチーム全員で話し合ったり、トラブルがあったら役員も相談に乗ってくれたりする機会が多いんです。 

━入社してギャップを感じたことはありますか? 

ギャップはありませんでした。入社して、より良い会社だなと思うようになりました。代表が社員を家族のように大切にしているところに惹かれて入社したし、それが言葉だけでなく行動に表れています。小さい悩みも必ずみんなが拾ってくれて、必ず話し合える仲間がどこかにいるチームですね。 

━他に、ビルダリッジの特徴はありますか? 

意見を全員が同じだけ言っていますね。全員が意見をたくさん言うので誰かの意見に偏らず、みんなで話し合った中から答えを見つける形になっています。本当に対等に意見を言える環境だと思います。 

━もっと改善したほうが良いと思うところはありますか? 

設立してから年数が浅いので、システム化が足りてない部分はあると思います。思いの部分ではなく、作業の部分です。でも、それに対しても答えがないわけではないし、常に改善し続けるという形だと思うので、より良いシステムをみんなで作っていくのが今の課題かなと感じます。 

━どんな人に入社してほしいですか? 

みんなで話し合って問題解決するのがポイントになるので、正しいとか良い・悪いではなく、自分の考えとそれを伝える能力を持っていることが大切だと思います。さらにチームに対してどうなりたいか、自分はどうなっていきたいかの意志を持っていることや、自己成長を求められる人が合ってるんじゃないかなと思います。 

━小山内さん自身はどういう風に成長していきたいですか? 

今までたくさんの努力はしてきましたが、そこを効率化したりポイントを抑えて「やらない」という選択をしたり、そういうやり方をもっと身につけなくてはと思っています。 
今までは120%で仕事をすることが正しいと思って働いてきたけれど、それではないやり方があることにビルダリッジに入社して気付いたんです。仕事ができたり、答えを見つけることが正解ではないと分かりました。それよりも、前を向いて努力し、変化し続けることのほうが大切なんですね。

━最後に、入社を検討している人にメッセージをお願いします。 

ビルダリッジはみんなと仲良くなれれば家族みたいに過ごせる場所です。自分はどうなりたいかを考え、楽しみな気持ちでビルダリッジに来てもらえたらと思います。