大手ゼネコンからの転身。
上流工程でものづくりに
携われる楽しさとは? 

工事ディレクター 中村さん
<プロフィール>
2022年4月入社。前職は大手ゼネコンに勤務。結婚を機に全国転勤があることへの不安も生じ、やりがい面における課題もあり、転職を決意。
(聞き手:ビルダリッジ代表 越川町)
―入社してくれて 1年半ぐらい。
前は大手ゼネコンにいて、どんなことを思って転職活動していたのかな。手に入れたかったものとかも知りたい。

前職は、全国規模なので転勤がありまして。
単身の時は、それはそれで楽しかったんですけど、家族がいるときつくなってくるんで落ち着きたいな、っていうのが一つ。
そして、施主さんとの関係。
せっかく建物を作っているのに喜んでくれる人がいないというか、決算の時に文句言われて、やりがいっていうのがあまり感じられなくなっていました。
建築、もの作りは好きなんですけど。

―建築っていろんな人が関わって超大変なのにありがとうって言ってもらえない、むしろダメだしばっかりで何のためやっているんだろうと、面接のときに言っていたのを覚えてるよ。
 そんな中、星の数ほど施工会社があるところに、なんでここにしようと思った?
1時間ぐらい面接で喋った中で「来てみようと思います」みたいな感じだったと思うんだよね。

実は転職もそこまで本気じゃなかったんですけど、ビズリーチに登録してメッセージがビルダリッジから最初に入ってきたので、話を聞いてみようというのがきっかけでした。
前の会社も会社自体は結構好きで、同じかそれ以上の規模に行くのであれば転職する必要はないなと思っていたし。
ただ、大手は先が見えるけど、こういうベンチャーに来ればもう一歩先というか、違う景色が見れるのかなと思いました。

―1つ目の面接のところで決めるって、なかなかなハードなことをしたわけじゃん。
何を思ったんだろう?嫁に報告したら、もっと他の会社も見なくていいの?って言われるわけだよね。

今考えればクレイジーですね(笑)。
ただ、当時ちょっと苦しそうだなって嫁は感じていたみたいで。
転職するっていう話をしたら、いいよと。
町さんと面接で話して「来ちゃえばいいじゃん」って言われたら「じゃ、行ってみようかな」みたいな(笑)。

―飛び込んでみてどうだった?
良い・悪い両面で思っていたのと違う、というギャップもあると思うんだけど。

仕事量という意味で自分にかかる責任は重くなっているし、責任が現れちゃうというか、ミスをすればそれが現れる。
そこは大きいと思いますね。
前職だったら、誰かしらがカバーしてくれたりとか、そういう面はあると思うんで。
今は自分のミスがあれば建物に現れちゃうっていうのは、かなり大きいポイントかなとは思います。
逆に言うと、自分のやりたいことが出せるところでもありますが。収まりをこうしたい、とか。

―確かに大きい会社だったら上の人が決めて、あとはその通りにやる、みたいなのが仕事だったりするもんね。
その辺でもギャップがあったんじゃない?
図面通りに作る会社と、図面よりいいもの作ろうぜ!っていう会社。

ギャップはありましたね。
図面をあんまり信用できなくなったってところはありますね。
図面を良くしよう、図面が正解じゃないなっていうところは今は思う面があります。
図面に関してもそうなんですけど、自由というか、やりたいようにやればいいじゃんというのは常々上司からも言われているんで。

―いいものを作るやつが偉い、みたいな文化があるからね。
図面が1番偉いわけじゃないし。
1年半やってきてこれが楽しかったな、みたいなことは?

設備ミーティングで、収まりをどうすればいいかっていうところを設計士に相談して、上流側に寄れたってところはすごく楽しさを感じている業務の1つでもあります。
あとは内装関係の仕上がりも相談できるので、すごく楽しいですね。

―なるほど。
より上流の工程で全体の意思決定までできるっていうのは面白いね。
他に明らかに大手ゼネコンとは違って、驚いた部分とかは?

常駐じゃないんだっていう点と、 1人1現場でも2現場でもないんだなっていうところですね。
もう今3、4、5現場とか当たり前になってきているんで。

―大手のように何千平米だとそれをチームごとに何十人で見るけど、うちみたいに300平米とかだと1人 が2~4件ぐらい持つみたいなスタイルになるしね。
ルーツが工事部長の石井さんの木造の働き方に近いのかもしれないね。
そんな中でも常識に囚われないっていう言い方で合っているかわからないけど、他に何かあった?
若い子たちともチームを組んでみて。

建てることは出来るようになってきたんで「クオリティを上げる」ことが今は課題かなとは思っていますね。
今はそれこそチームに別れて取り組んでいるんですが、個人に影響を受けずにチームとして何ができるんだろうというところを突き詰めて、クオリティを上げていきたいなと。
そこが自分ふくめ会社全体としての課題かなとは思っています。

―それが出来ると、どんな良いことがありそう?

最近、風邪で休んじゃったんですけど、そういう時にもっとフォローし合えるのかなって。
風邪で休んでる時に電話が掛かってきたりすると辛い時もあるんで(笑)。
まあそれは自分の担当しているところが動いているんでしょうがないことではあるんですけどね、チームで動いていればもっとフォローしあえるかと思っていたところではあります。
他の人のミスにも早く気づいて傷口が浅いうちに対処できるのもありますし。
来期のテーマはチームで動くっていうところを目標にやってきたいです。

―なるほどね。
それをどうブレイクスルーしていくかが、楽しみでポテンシャルを感じる部分でもあり。
中堅以上のゼネコンでやってきた人たち全員に合う場所だともちろん思わないんだけど、ビルダリッジがこういう人だったら面白く働けたり向いてそうとか、こういう人には向いてないですよ、みたいな話を聞かせてもらえるかな。

考えたり、クリエイティブすることが好きな人は向いていると思いますね。
その裁量も与えられるし。それを楽しめる人……自分がこだわるとやっぱり自分がきつくなる時もあるんですけど、それを楽しめる人ですかね。
向いていないのは、指示待ちの人ですかね。仕事を待っていても来ないので。

―最後に、ビルダリッジに興味を持ってもらうという意味でも、この動画を見ている方にメッセージを。ダメなところを言ってもらってもいいし。

町さんの前で言うのもあれですけど(笑)、まだまだなところはすごくある会社だと思うんですが、本当にみんな楽しみながらやっている会社。
物作りだったり、自分のやりたいことがある人は一緒になって働きたいです。ご縁があればよろしくお願いします。

―またインタビューできるのを楽しみにしているので、その時は協力してね。ありがとうございます。