16年修業した施工会社の娘と結婚し次期社長と呼ばれた石井が、
なぜ、ここに?

工事部長:石井さん
地場の工務店で建築一筋、建築大好き25年 。一番長く働いた施工会社の社長の娘に猛アタックし結婚 。
なぜ、次期社長のイスを約束された石井がビルダリッジにいるのか?
奥さんの反応は?
その真相を、石井が語る・・。
━今日は石井さんのことを教えてください。まずは自己紹介をお願いします。
 
ビルダリッジで工事部長をしている石井と申します。
 
━ビルダリッジに来る前は、どんなお仕事をしていたんですか?
  
小さい工務店で、注文住宅や木造、鉄骨、RC……色々と手掛けている会社に入社し働きました。
そこの工務店の社長の娘にも猛アタックの末、結婚。それから10年くらいそこで働いていました。
  
━なるほど。昔からやり手だったんですね(笑)。
 
ははは(笑)。その後、色々あってその会社を退職し、友人が経営する会社に入社することになりました。
工務店時代に関係のあった設計士さんから新築工事のお仕事をメインでもらっていたのですが、設計士さんからというのは、なかなか安定して仕事が入って来ないんです。
「安定的に仕事を取れるようにしたい」と思い、色々と仕事を探していた時に、ビルダリッジの親会社であるPlanCのアパートの新築工事の求人を見たんです。そこで、役員の越川さんに出会いました。
 
━なぜビルダリッジの工事部長になったんですか?
 
もともとはPlanCがお客さんで仕事をもらっていたんです。
当時、友達が新築工事をやることに慣れていなくて、そのうち受けるのが難しくなってしまいました。
私は仕事を続けなくてはいけなかったので、越川さんに「仕事をください!」と言って。そんな流れの中で、たまたま日曜日に越川さんと現場でお会いして「焼肉奢るから昼飯に行きましょう」と誘われて。
 
━ついて行ったわけですね。
 
越川さんはお客さんなのに、ボロボロと「私はこうしたいんだけど……」と打ち明けました。
越川さんは「だったら、石井さん独立してやったらどうですか?」と。さらに「最初、資金が必要だったら出しますよ」ということまで言っていただいて。
 
━お客さんなのに、そんなことを言ってくれたんですね!
 
一応カミさんがいるので、家族に相談するということにしてその日は別れました。
うちのカミさんは両親が工務店を経営しているので、大変さも知っていて、私に経営の才は無いと言われました。「あなたは会社員になったほうがいいから」と(苦笑)。
そのことを越川さんにお伝えしたところ「ビルダリッジという会社を作るから、そこに入ってやったらどうですか?」と言われました。そこで「お願いします」と言って、ビルダリッジができたというわけです。
 
━ビルダリッジは石井さんのために作られた会社と言っても過言ではないですね?
 
スタートは……そうですね。自分で言うのも恥ずかしいですけど、でも本当にありがたいです。
 
━なるほど。最初はお客さんだった方が自分の上司になったんですね。石井さんの友達に現場監督の方がいたとして、自分の会社をどんな会社だと伝えますか?
 
自分がこれまでに培ってきたスキルを思う存分発揮出来る環境にあります。
当然そこには責任も発生しますが、挑戦できる範囲が大きくて、自分の裁量次第で色々なことができます。
「今までやってきたことがこう活かされるんだ!」という楽しさを感じましたね。
あとは時間で管理されていないので、基本的にタスク管理です。毎日出勤はしなくていいし、必要な時に集まって打ち合わせすればいい。
時間を自分で組み立てて仕事することができる。会社に行かなくてもいい時は、自宅で仕事をすればいいですし。
私は家が横浜なので通勤に時間がかかるんです。
往復3時間くらいとられてしまうので、その時間を仕事に使えば、仕事が早く終わるじゃないですか。
できた時間を色々なことに使えるのもすごくいいと思います。
 
━他にどんな会社の特徴がありますか?
 
役員の越川さんや社長の古川さんともあまり上下関係はない感じです。
私は工事部長なんですが、現場の監督たちともフランクに接しています。対外的には工事部長がいないと対応できない場面もあるので、私がそのポジションについていますが基本的にはフラットな関係です。
友達ではないけれど大切な仲間ですね。ワイワイガヤガヤと「ああでもない、こうでもない」と言いながら賑やかにやっています。
 
━監督さんたち、よくグループLINEとかをしてますよね。
 
そうですね。色々作ってくれて、私もそんなに得意ではないんですけど。
 
━28歳の監督さんがコンサートに行ってる写真を流してましたよね(笑)。
 
野球ですね(笑)。我々は会社で仕事をしていましたけど、グループLINEで「今こんな感じっす!」って写真を送ってくれて。
 
━仕事だけじゃなく、プライベートのことも言い合える仲間なんですね。今は少人数ですよね?
 
そうですね。基本的には少数精鋭でやっているので、やった分だけ給料に反映されやすいです。
 
━石井さんありきで生まれたビルダリッジですが、あえてビルダリッジの嫌なところを教えてください。
 
嫌なところ……。難しいですけど、私にはすごい合っているんですよ。
嫌なところって正直ないんですよね。
ただ、まだ走り始めたばかりの会社なので、新しい監督さんが来ても、私が「ああじゃない、こうじゃない」と教えなくてはいけないから、大変(笑)
 
━まあ、部長ですから(笑)。やってください。
 
ははは(笑)。まあ、それくらいです。
 
━そんな石井さんですが、毎日のビルダリッジでの仕事は充実していますか?
 
ステップアップして給料も上がり、評価もしてもらい、この上ないスタートをビルダリッジで切ることができました。仕事も充実しています。
 
━今日はありがとうございました。