常識を疑い
自分で調べる姿勢

工事ディレクター 藤井さん
<プロフィール>
2019年9月入社。建築系専門学校卒業後、中小ゼネコンに1年勤務。その後美容師に転身8年勤務。
趣味でもある植栽やガーデニングなどに携わりたいという思いから、美容業界を離れることを決心。
施工会社のなかでも、デザインや外構を重要視しているビルダリッジに出会い、建築業に舞い戻る。

―はい、では撮影を始めたいと思います。フィジー、自己紹介とビルダリッジに入った経緯をお願いします。

32歳です。専門学校は建築科を卒業したんですが、建築の道は就職して1年で諦めて美容師になりました。 
美容師を7~8年経験して、将来に不安を覚えて転職を考えるようになりました。

―2019年にウチに入社して今で1年5か月経つけど、当時はどんな悩みや課題を持って転職活動をしてたんだろう?何を思って建築業界にカムバックしようと思ったの? 

まず美容師として向いてる向いてないだと、自分は向いてないと思ったから転職を決めました。
あとは職場の雰囲気で、愚痴が多くて前向きじゃない点が嫌だったのもあります。

―最初は建築業界見てなかったと思うんだけど、どうしてビルダリッジに興味を持ったの?

就職した最初の1年で建築業界はもう諦めてたので、転職当初は全く建築業界は見てませんでした。
でもビルダリッジのHP見てたら、他の施工会社とはちょっと違うのかな?って興味を持って、
面接だけでも行ってみようかな、と思ったのがきっかけでした。

―面接に来たときは、ガーデニングや外構に興味があるって話だったよね? 

 第一志望じゃない中で、面接の何がきっかけで興味を持ったんだろう?

最初1年勤めた時、朝から晩まで怒られながら働いていて、建築業界には良いイメージがありませんでした。
でもビルダリッジは自分発信で働けば、自由度があるのかなって感じたから興味を持ちました。

―今1年4か月働いて、面接当時に思っていた事とのGAPはありますか?

HPに書いてあった事と多少違うことはあります。例えば、土日も現場に行くことがあったりとか。
でもそれは、強制されて行く訳じゃなくて、自分から「この現場をより良くするためにどうすればいいだろう?」
って考えた時に、自分の選択で現場に行ってるんです。
その選択で後々のスケジュールがスムーズに進むから選択しているけど、現状ではまだまだ時間がかかるなって印象ですね。
でも自分の予定を組み込んでスケジュールを立てられる自由さはありますね。

―先週の金曜日、奥さんの誕生日だったんだよね?

そうですね、速攻で帰りました(笑)
そこもやっぱり自分の段取り次第ですよね。上手く行くときもあれば、上手く行かないときもあるし。
それを上手く組み立てることが仕事なのかなって思います。

―1年4か月働いて、自分でどんな成長を感じますか?

「一般的に常識と思われてることが正解とは限らない」って考えるようになりました。
常識的に考えてできないよね、ってことは多いと思うけど、ここにいると常識に囚われなくても解決できたりする。
「常識って何がベースなんだろう?」って考えるようになりますね。
常識を疑ってみて、自分で調べてみると全然違う答えが出たりとか。

―「思考停止はしない」「できない理由よりできる理由を考える」がウチの特徴の1つだよね。
 その他にフィジーから見て、ビルダリッジはどんなコミュニティだと思う?

みんなそれぞれキツいこともやってると思うんですよ。でもそれを楽しんでやってるし、自分のやりたいこともやってる。
だから面倒くさがって働いてる人は1人もいないと思いますね。

―やらされてるって感覚で働いてる人は少ないと思うんだけど、そこはどう?

そうですね、やらされてるって思った瞬間に多分キツいと思います。
色んな人の意見を踏まえた上で、やるやらないは自分で決めればよくて。
それがやらされてるになると、自分の意見で動いてないから、すごく働きづらいと思います。

―仲間と一緒によく笑ってるのを見るけど、フィジーから見てビルダリッジのメンバーはどんな風に見える?

面接のときからですけど、笑い声はすごく多いですよね!
事務所の中の距離も近いから、いろんな話が聞こえてきますね(笑)

―そこは、前職の美容業界と比べるとどんな感じ?

仲間と色んな事を話す機会はこっちの方が多いし、他愛もない話から気付けることがあったりもする。
自分の机の場所が決まってないのもいいですよね。毎日違う場所で、隣も違う人だから、毎日発見がありますね。

―フィジーから見て、ビルダリッジで働くことで得られるメリットって何かある?

思考停止しない考え方は、ここで働くまでなかったものですね。

―自分のプライベートにどんな影響がある?

最近やったのは、感情の通りに動かず、その先を考えて動くことですね。
感情を一旦置いて、考えてから話すってことをこれまでしたことがなくて。
嫁に腹が立った時に、これはどんな対応をすればいいんだろう?って考えたりします。
それは作業がうまく進まない時、職人さん対しても活かされてますね。

―ビルダリッジで働いていて、どういう瞬間が楽しかった?やりがいを感じた?

キツかったり苦しい期間が長く続くこともあるんですけど、それを乗り越えるために色んな事を考えて考えて…
それが1本の線に繋がる瞬間が来るんですよね。その瞬間に仕事の終わりが見えて、スッキリするんです。
その上で建物が完成すると、めちゃくちゃ嬉しいですよね。

―フィジーは建物のディテールにすごくこだわってるよね。そこを考えずに進めることも出来る中で
 細部のディテールに時間をかけて丁寧にやるのは、自ら大変な道を選んでるよね。それはなんでだろう?

Mなんですかね(笑)
大変な道を選んで、何やってるんだろうって思うこともあります(苦笑)
仕事をただ進める上では時間がかかるし、無駄というか…無駄ではないけど、+αの部分だなって思うんです。
でも自分でやると決めたから、最後までやり遂げたいと思うんですよね。

―細部にこだわって、人とは違うものを創り出したいって想いがあるのかな。
 ハードに働いていても、ニコニコ笑って愚痴1つを言わないフィジーをすごいなって思って見てるよ。

「何があっても自分のせい」だとずっと思ってるし、自分の中で今回ここはこだわろう!と思う部分だけは
しっかりやり遂げたいと思いますね。そこが上手くハマると嬉しいです。

―そういうこだわった部分が完成した時に、すごく良い顔してるよね。そこが今の楽しさだったり、やりがいかな?

そうですね。現場に良く行かないは自己判断じゃないですか。でも最近は毎日現場に行ってるんです。
だから事務作業が溜まりがちなんですけど…でも実際に現場で指示を出すことで、1㎝のズレがなくなって綺麗に仕上がる。
今はそれを見たいんですよね。その収まりが分かってくれば、電話だけで指示できるようになるかもしれないけど。
今は面倒くさいことをしっかりやる時期なのかな、って思います。

―総論として仕事は楽しい?

ふふふ(笑)楽しいし、キツいし…でもやっぱり楽しいですね(笑)
嫌だなって思うよりは、24時間ずっと仕事のこと考えてる気がします。
朝起きた瞬間から、今日はこうしよう、あれしようって考えて…楽しいですよ!

―最後に、ビルダリッジで働くのに向いてる人、向いてない人はどんな人だと思う?

前向きな考え方ができる人ですね。後ろ向きになってやらされてるって感じると、辛くなってしまうと思うので。
あとは、自分で考えて行動できる人だったら、頑張れるし楽しいと思います。

―どんな人に来てほしいですか?

明るい人、笑顔が多い人がいいなぁ(笑)

―変わった人もウチはウエルカムだよね(笑)

たしかに、変わった人多いなって思います(笑)

―今日はインタビューありがとうございました!